卑しくもサブカルという名の狗

サブカルバカのサブカル漫画ブログ。

取り急ぎ~酒を飲みたくなる映画5選~

ランキングの途中だけど、星野源が声優を務めてる映画「夜は短し歩けよ乙女」を見て、「酒を飲みたくなる映画」特集がしたくなったので、それをすることにする。

 


『夜は短し歩けよ乙女』 特報映像

夜は短し歩けよ乙女」とは2017年4月7日公開のアニメ映画である。湯浅監督がメガホンをふるい、ヨーロッパ企画・上田が脚本を書く「四畳半神話大系」と同じ布陣で挑む、ファン待望の春のアニメ映画である。詳しくはネタバレを避けるために言わないでおくが、偏屈王で大爆笑したこと。私の大学時代の友人が、一時期「電気ブラン・・・電気ブラン・・・」と言っていたのが、この作品の影響だったことが見て分かった。そう、酒。酒が重要なファクターなんだ!酒が飲みたくなる映画なのだ!この作品は!

 

という訳で、私選酒が飲みたくなる映画特集をしたいと思う。映画を見る前の人も、見たた後の人もお付き合いいただければ幸いだ。

「なんで酒が飲みたくなるアニメじゃないの?」と思われる方もいると思うが、この作品は飲酒に意欲的だが、基本的にアニメは「うまそうに酒を飲む」という描写が苦手なジャンルなのだと思う。その点はやはり映画に軍配が上がる。まぁ、勢いで良く調べないで書いているので、異論は認める。

 

1.幸せの黄色いハンカチ

あの頃映画 幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010 [DVD]

定番でごじゃりまするなぁ。高倉健が出所して、定食屋に入って何年振りかにビールを飲むシーン、がこれである。出所経験がある人間としては共感できる部分がある。

 

いいぜ・・・。

 

2.ワールドエンド~酔っ払いが世界を救う~

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! (字幕版)

サイモンペッグの作品。サイモンペッグの作品の大体に、パブでビールを飲むシーンがあるので、「酒が飲みたくなる監督」として入れてもいいんだけど、この作品は特に良い。学生時代、悪ガキで鳴らした男たちが、中年になって昔やり残したpub飲みを完遂させるという筋。特に「お前が来なくちゃ飲み会が始まらないんだって!」とか「なぁ頼むよ、来てくれよ・・・」といって友達を飲みに誘うゲイリーが、なんか昔飲めないやつを誘って無理やり飲みに行ってた自分と重なって、「最近こんなにアグレッシブな飲み会やってねぇな」っていうおセンチな気分になった。これ見ながら飲むのはもちろんビール!

 

3.イングロリアスバスターズ

イングロリアス・バスターズ (吹替版)

出た!サブカル男御用達!クワエチン・タラエチンポ!

特にイングロリアスバスターズは酒が飲みたくなる。ウイスキー。できれば上等なスコッチ。なんで飲みたくなるかは見てもらえればわかると思う。サイコーにかっこいいシーンでスコッチが出てくるから。

ちなみに私はハンバーガーを食べながらスプライトを飲むときは「ハンバーガーをスプライトで流し込んでも!!?」といってから一気にスプライトを吸うという、パルプフィクション症候群の罹患者です。

 

4.ノッキングオンヘブンズドア

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア [DVD]

この企画を始めたというのも、ノッキングオンヘブンズドアを紹介したいから始めたんだよ。正直に言うと。

ノッキングオンヘブンズドアーは1997年のドイツの映画。俺はこの映画前情報なしで見た時、なんか言葉が変なことに気づいて、すぐドイツ映画だって気づいたね。俺じゃなかったらこんなに早いドイツ語、見逃しちゃうね!

トレーラードーン!

ノッキンオンヘヴンズドア 予告編

この映画を見ながら飲むのは、もちろんテキーラ!しかも塩に指突っ込んでそれを舐めて、レモンをかじっちゃう!これがやりたい!しかもそれを夜の浜辺でやりたい!

なんでこんなことやりたいかというと、昔友達たちと伊豆だったか伊東に遊びに行ったときに、海辺にある道の駅にあるレストランで浜辺の席に通されたんだよ。で、その店がいい店でテキーラ頼んだら塩とレモンも一緒に出してくれたんだ!そこで俺はピーンときたね!ここの店長もこの映画見たんだって!

味?味は覚えてねぇけど、サイコーだった。あとは友達たちと天国の話でもすればサイコーの旅行になっただろうね!それをもう一度味わいたいんだよ、俺は!

 

 

そんなわけで、映画紹介にかこつけた自分が足りでした。気に入らなかったら自分で選んでみてね。じゃーぼくびーる飲むから!またね!!